--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・歴史・・

2012年09月22日 20:26

2012_9-24



2012_9-25




島の歴史と共に寄り添う蔦たちが何とも愛おしく感じて・・・




精錬所跡の高台からの風景です。
このレンガで囲まれた部屋のようなもの、、、
なんだろう?と気になって、いろいろと調べてみましたが
結局わからないままです(^_^;)


2012_9-20


この空間の下部はこんな感じ。
アーチの出入り口が並んでいて、ちょっと可愛い空間でした。

2012_9-21


朽ちかけた煙突が立ち並ぶなか、この煙突は綺麗なままです。
この煙突は、美術館内部の空調に利用されているそうで、
ちゃんと補強されているそうです。

2012_9-23



犬島へ行った方のブログをいろいろと拝見しました。
私が見ていなかった部分もあるようで、、、
やっぱり一人で行って堪能したいな^^



コメント

  1. Ken | URL | xxIaUQbE

    おはようございます

    このあたり、とても絵になりますよね!
    可能なら人物で撮ってみたいけど、現在の状況では難しそう・・・
    僕が行った時も撮影が2時間程度だったので、ほぼ一か所だけでした。


    彼女のラストフライト等の関係で、数日間留守しますm(__)m
    ただ更新は予約投稿で続けます☆

  2. サトシ | URL | wLMIWoss

    瀬戸内海にはこういう歴史遺産みたいのが、けっこうあるよね。
    時間に取り残されたような景色が、いいね。
    のんびりした瀬戸内ならではって感じだよ。

  3. ケンケン | URL | rolxWucI

    おはようございます
    何れ犬島にも行こうと思ってるとこですが
    建物内部は撮影禁止なんですよね(^_^;)
    とても残念です
    煉瓦自体の色も渋いですね、3枚目は撮れるんですね
    時間制限があるんですね、一番厳しい条件ですよね
    でも行ってみたい場所

  4. 芽衣 | URL | QXRaNfI.

    ■ kenさんへ

    こんにちは。
    遅くなってすみません。
    あまりに更新が延び延びになったので
    犬島シリーズは強制終了にします(笑)
    また、追々アップしたいと思います。

    彼女さんのラストフライトに乗るなんて
    ドラマチックですね~~♪

  5. 芽衣 | URL | QXRaNfI.

    ■ サトシさんへ

    こんにちは~。
    遅くなってごめんなさいねm(_ _)m

    今度こっちに来ることがあったら、
    是非行ってみてくださいませ。
    東部地区には、日本のエーゲ海って呼ばれる(笑)
    牛窓って地区があるし、見どころあるよ~♪

  6. 芽衣 | URL | QXRaNfI.

    ■ ケンケンさんへ

    こんにちは。
    建物の内部はかなり改装されていて、
    アートギャラリーになっています。
    暗夜行路のような真っ暗な路を進んでみたり、
    三島由紀夫ワールドになったり・・・
    私は内部には興味を持てなかったですがσ(^_^;)

    時間制限と言っても、鉄柵のところで15分おき位に
    入れると思いますよ。
    内部は係員の人がつきっきりでかなり制約があって、
    後戻りとかはできませんが、内部の見学が終わって
    外に出たらあとは自由行動ですので、鉄柵を出ない限り
    いつまで居ても大丈夫ですよ♪
    外の撮影は時間を気にせずたっぷり楽しんでください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。